2009年3月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:16:10 Mar 19 2009

上海万博 各国のパビリオン(15) 「東方之冠」中国館

 中国館は国家館、省区市(地方)館、香港館、澳門(マカオ)館、台湾館から構成される。建築の外観は「東方之冠」という構想をテーマとし、中国文化の精神と気質を表現する。国家館は垂直に立ち上がり、中国の要素を凝縮し中国の精神を象徴する、立体的な造型の「東方之冠」だ。地方館は水平方向に広がり、広々とした土台に立つ姿が国家館と相まって、開放的で柔軟、親民的、豊富な階層の都市の広場となっている。

 中国国家館は上海万博園区で最も重要なパビリオンの一つで、今回の万博主催国が設計、建設し、半永久的に保存される。

 中国館は「都市発展における中華の智恵」というテーマをめぐって、都市建設や都市管理、都市生活、都市産業といった内容を通じて、中華民族のたゆまぬ自強、和して同ぜず、平和を熱愛するといった民族の精神と価値観を十分に反映する。建築構造は合理的で機能が整い、交通は便利で景観設計は優雅、中国の要素に満ち、省エネ・環境保護といった特徴を備えている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年3月19日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古