2009年3月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:21 Mar 20 2009

94年アジア大会卓球でトウ亜萍を破った小山ちれ選手


 1994年10月13日夜、広島県郊外にあるアジア競技大会卓球会場で第12回アジア大会卓球女子シングルスの決勝が行われ、多くの注目が集まった。中国から帰化した小山ちれ選手(中国名:何智麗)が日本代表として出場、中国のエース・トウ亜萍選手との決勝試合が行われた。小山選手はそれまでの2試合を連勝していたとはいえ、大多数の観客はトウ選手が当然勝利するものと思っていた。そして試合が始まり、トウ選手は観客の予想通り圧倒的な勢いで第1セットを先取した。このとき、誰もが小山選手の敗北を疑わなかった。

 しかし、小山選手は技術面だけではなく、メンタル面でもずば抜けていた。彼女は落ち着いて応戦し、1セットを取り返した。続いて、勢いに乗った小山選手は続く2セットを連取し、セットカウント3-1でトウ選手を下したのだ!小山選手は女子シングルスの金メダルを獲得、日の丸が高々と掲げられた。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年3月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古