2009年3月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:24 Mar 23 2009

東京入管局収容中の中国人男性が自殺

 日本法務省東京入国管理局は3月21日、30代の中国人男性が東京都港区にある当局収容施設内で自殺したことを明らかにした。「日本新華僑報」が伝えた。

 東京入国管理局によると、自殺した中国人男性は、日本での不法残留で収容され、強制退去の手続き中だった。この男性は、20日午前9時15分頃、施設内の一人用居室で、窓の取っ手に電気ポットのコードをかけて首をつっていた。職員が発見後、直ちに病院へ搬送され応急処置を受けたが、21日明け方死亡した。

 3月20日午前9時の点呼時には異常は見られなかったという。その後、男性が自殺した様子が監視カメラに写っているのを職員が発見した。現場に遺書は見つかっていない。

 東京入国管理局の収容施設内では通常、夜の消灯時間前に電気ポットのコードを回収するが、朝7時以降はまた貸し出している。同局は、自殺の詳しい原因について調査を進めるという。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年3月23日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古