2009年3月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:44 Mar 24 2009

台湾、ダライラマの訪台希望をやんわり拒絶

 台湾「蒙蔵(モンゴル・チベット)委員会」の高思博委員長は23日、「立法院」での質疑応答で、「ダライラマの台湾訪問は、時期的に好ましいとは言えない」と述べた。

 台湾「立法院内政委員会」は23日、「立法院」紅楼202会議室で第9回全体委員会を開き、「蒙蔵委員会」の高思博委員長による業務報告の聴取と質疑応答を行った。

 民進党の立法委員による「ダライラマの台湾訪問がどうして時期不適切なのか」という問いに対し、高委員長は次の通り答えた。

 「ダライラマはこれまでに、1997年と2001年の2回、台湾を訪問したことがある。その後、民進党が2002年に台湾訪問を要請したが、ダライラマはそれを拒んだ。ダライラマは当時、北京政府を接触中であったため、台湾訪問は不都合だったという。利益を優先させるのは人の常だ。ダライラマの台湾訪問は、極めて微妙な問題で、全体的な利益をよく吟味した上で、総合的に結論を出さなければならない。ダライラマが不都合だった時、我々はそれを理解した。同様に、我々が不都合な時は、ダライラマにそれをはっきりと言う。我々は大陸部と近づきつつあり、これは、多くの台湾人が希望することでもある。」

 高委員長によると、台湾を訪れるチベット密教僧は年間延べ1千人以上、台湾のチベット仏教関連団体は約280団体、信者は50万人を超えるという。また、約485人のチベット人が台湾に住んでいる。彼らは、言語・文化の違いや専門技能を持たないことで、経済的に困難な状況にあり、社会の底辺にいる人も多い。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年3月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古