2009年3月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:04 Mar 27 2009

サッカーが五輪から除外か WADAの厳しい態度

 国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)が世界反ドーピング機関(WADA)の新薬物検査規定を拒否する声明を共同で発表したことを受け、WADAのハウマン事務総長は26日、「両サッカー連盟が新規定を拒否すれば、サッカーは五輪から外されるだろう」と宣言した。

 国際オリンピック委員会(IOC)に所属するWADAは新たなドーピング検査規定を打ち出し、今年1月1日からの開始を求めた。スポーツ選手は毎日1時間、その国(地域)の反ドーピング機関に居場所を報告する義務が課され、サッカー選手も当然その例外ではなかった。しかし、サッカー界はまじめにこの規定を実施しなかったため、WADAは最近国際サッカー連盟本部に新規定をきちんと実行するよう通達。国際サッカー連盟と欧州サッカー連盟はこれを拒否した。両サッカー連盟は声明の中で、サッカー選手はみな同じグランドでトレーニングをしているため、いつでも検査を受けることができる。不意をつく形で選手のプライベートな生活を侵害する必要はないと回答した。

 WADAはこれに厳しく反発し、フェイヒー委員長は「選手が事前に知らない状況で検査してこそ真実性が確保される」と話し、ハウマン事務総長は「両サッカー連盟は新しい検査制度を実施すべきだ。これを拒否すれば、サッカーは五輪から外されることになるだろう」と厳しい態度を示した。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年3月27日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国の国産大型機開発new
【特集】両会の経済20キーワード
【特集】チベット民主改革50周年
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古