2009年3月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:48 Mar 27 2009

金賢姫元工作員、拉致被害者田口さんの家族と面会 (2)

 その後、大統領選を控えていた盧泰愚(ノ・テウ)氏が、ICPOに対し金賢姫の韓国への引渡しを要求した。

 金賢姫は当初、日本に密入国した中国人であると供述、その後刑務所で自殺することを決心した。しかし韓国の取調員は拷問などを行わず、反対にやさしく接し、テレビを見ることも許された。にぎやかなソウルの街をぶらつくことも出来たという。そんなある日、尋問室で取調員に「中国語」で「日本に住んでいた時に使っていたテレビのメーカーは?」と聞かれ、金賢姫はうっかり「チンダルレ(つつじ)」と答えてしまった。チンダルレは朝鮮が唯一生産するテレビブランドだった。

 金賢姫はついに自供を始めた。長期間の抑圧から解放された彼女は隠蔽を放棄した。金賢姫は自分が大韓航空機爆発事件を起こしたという事実を承認するほかなかった。

 裁判所は金賢姫に死刑の判決を下した。死刑の前に、彼女は獄中で洗礼を受け、クリスチャンとなった。

 ところがある日、刑務所職員に言われてテレビのニュースを見た金賢姫は、韓国大統領が金賢姫を特赦し、即日釈放を宣言したことを知る。1997年、結婚をした金賢姫は、表舞台から姿を消した。

 金賢姫は日本語を専攻していたとはいえ、その後完全な日本人化に成功した裏には、「李恩恵」という人物が関係していた。この「李恩恵」は、拉致被害者の田口八重子さんだということが証明されている。金賢姫を日本人化させるため、工作員機関は金賢姫に田口さんと24時間共に生活させ、同じものを食べさせ、同じ労働をさせた。山口百恵のファンだという金賢姫は、日本の童謡もたくさん覚えた。田口さんは日本の文化や習慣を教える中で、日本人の女性らしくなるためには、泣くことを学ばなければならないと教えたという。

 金賢姫は本当によく泣く。この日、彼女はまた涙を流した。しかしそれが心からの涙かどうか、一体誰がわかるだろう?工作員を普通の女性に改造することが、どれだけ遠い道のりとなるか、誰も知る由が無い。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年3月27日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国の国産大型機開発new
【特集】両会の経済20キーワード
【特集】チベット民主改革50周年
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古