2009年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:16:27 Mar 31 2009

居住7年以上の流入者、常住戸籍申請が可能に 広東

 「広東省流動人員(流入者)業務管理条例(修正草案)」が30日、同省第11期人民代表大会常務委員会第10回会議で審議提出された。「修正草案」に新しく盛り込まれた主要規定は以下の通り。

 ▽居住証明書の保持者が、5年以上続けて同一居住地に住み続け、合法的な就業証明書や経営証明書を持ち、計画生育政策(一人っ子政策)の条件を満たしている場合、その子女の託児所入所や学校入学において、常住住民と同等の待遇を受けることができる。

 ▽流入者およびその子女の戸籍については、居住証明書の保持者が7年以上、同一居住地に住み続けかつ社会保険料を納め、合法的な就業証明書や経営証明書を持ち、計画生育政策の条件を満たし、法律が定める納税を行い、居住地での犯罪履歴が無い場合、居住地の関連規定に基づき常住戸籍を申請することができる。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年3月31日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国の国産大型機開発new
【特集】両会の経済20キーワード
【特集】チベット民主改革50周年
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古