2009年4月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:17 Apr 20 2009

東京の五輪誘致、IOCは視察後「印象に残った」


 東京の2016年五輪開催計画を調査するために日本を訪れた国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会は19日、4日間にわたる調査を終えた。評価委員長は「人々の支持は印象に残った」と語った。

 ナワル・ムータワキル委員長は同日行った記者会見で、ほとんどの競技会場がメイン体育館を中心とする半径8キロ圏内に収まるという、東京の「コンパクト」な会場配置が印象に残ったとした。このほか、東京都と日本政府による準備、財政的な支持、ビジネス界からの熱意などが印象深かったという。

 シカゴへの視察を終えた11人の評価委員会は16日に東京を訪れ、交通、宿泊、財政、市場運営など、17方面から運営計画を調査、17日にはメイン競技場を含む3つの競技会場の建設予定地などを視察した。IOCは今年10月2日に最終的な開催地を発表するという。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年4月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古