2009年7月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:55 Jul 02 2009

台湾人に最も印象深い大陸部の人物は毛沢東

 台湾海峡両岸の交流と情報交換が頻繁になるに伴い、双方の政界人や俳優に対して両岸の人々が抱く印象も深まっていることが、台湾のビジネス誌「遠見(グローバルビュー)」と大陸部の市場調査会社・零点公司が共同で実施した世論調査の結果明らかになった。香港「文匯報」が伝えた。

 大陸部の住民に最も強い印象を与えた台湾人トップ10は順次、馬英九、陳水扁、連戦、蒋介石、周傑倫、李登輝、蒋経国、宋楚瑜、李敖、瓊瑶の各氏。このうち、陳水扁に対する評価には、知名度は高いが称賛度は低いという特徴が見られた。

 また、台湾人にとって最も印象深い大陸部の人物トップ10は順次、毛沢東、胡錦涛、温家宝、鄧小平、江沢民、姚明、陳云林、周恩来、王菲、章子怡の各氏。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年7月2日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古