2009年7月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:48 Jul 17 2009

小林寛澄氏 日本人の八路軍兵士(上)


 1941年末に大志ある男児たちが八路軍に加わり、抗日の新たな力となった。信じがたいことに、この中には1人の日本人兵士もいたのだ。彼が小林寛澄氏である。それまで彼は中国侵略旧日本軍の頑固な捕虜だったのだが、なぜ八路軍に参加することになったのだろうか。

 小林寛澄氏は1941年に八路軍に参加し、1955年に帰国するまでの14年の間、ずっと自由に行動し、反戦宣伝のために多くの仕事を行い、中国で明るい道を見出した。しかし日本帰国後はずっと警察の監視を受け、85歳という高齢になってからやっと監視対象から除外された。68年前に自分が八路軍に参加した経歴について、90歳近くの小林氏は依然としてはっきりと覚えており、堂々と語ってくれた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年7月16日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古