2009年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:40 Jul 31 2009

朝鮮 初めてのファーストフード店が平壤に


 朝鮮の首都・平壤に先ごろ、同国初のファーストフード店が登場した。フライドポテトなど西洋のファーストフードを販売しているが、使われている食品の名前は全て現地化している。

 このファーストフード店はシンガポールと協力して開店したもので、シンガポール側が従業員トレーニングや設備提供を担当している。ファーストフード店は先月開業したばかりだが、内部のインテリアから販売されている食品、ドリンクなどはみな世界各地の他のファーストフード店と何の違いもない。しかしメニューにはハンバーガーなどの名前は見当たらず、変わりに「パンに挟んだ牛ひき肉」などと表記されている。価格は約1.7ドル。

 伝統的なハンバーガーの他にメニューにはキムチやワッフル、生ビールなどもある。現地のメディアの報道によると、このファーストフード店では来月、クロワッサンやホットドッグなども販売を始めるが、やはり現地化された名前で呼ばれるという。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年7月31日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】第1回中米戦略・経済対話(S&ED)new
【特集】上半期のマクロ経済データ
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古