2009年8月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:32 Aug 03 2009

青海省でペスト 1人が死亡

 


 青海省海南蔵(チベット)族自治州でペストが発生し、現在までに12人の感染が確認され、そのうち1人が死亡した。青海省は既に発生地を封鎖し、疫病は効果的に抑制されている。

 青海省衛生庁が1日夜11時に発表したニュースによると、青海省海南蔵族自治州興海県子科灘鎮で7月30日、ペストの疑いのある患者が発見され、実験室で48時間の細胞培養を経て陽性が確認された。患者の臨床表現や流行病学調査、実験室のテスト結果などから専門家が肺ペストだと確認した。確定された12人の患者のうち1人の死亡が確認されている。死亡した1人は32歳の男性の遊牧民、他の11人は死者の親戚で、指定の病院で隔離、治療されている。病状は安定し、治療が効果をあげているという。

 疫病の発生後、中国共産党青海省委員会、省政府は非常に重視し、公共衛生事件緊急対応案を速やかに始動、関連の専門家が現場に急行して流行病学調査や患者と密接に接触した人の追跡調査、病原地の処理などの予防・抑制措置と救急業務を実施し、疫病は効果的に抑制されている。子科灘鎮及び周辺地区は既に法律に基づいて封鎖されているが、現地の物資は十分に保障され、民衆の生産や生活は正常な秩序を保っている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年8月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】第1回中米戦略・経済対話(S&ED)new
【特集】上半期のマクロ経済データ
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古