2009年8月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:54 Aug 05 2009

医療保険の参加者、年内に12億人超へ

 人力資源社会保障部の胡暁義・副部長は4日、国務院新聞弁公室が開いた記者会見に出席し、基本的な医療保障を受けられる中国公民が今年12億人を超える見込みであることを明らかにした。この目標を達成するため、国務院は今年、「住民基本医療保険制度」を中国全ての都市で全面的に推進することを決定している。

 都市部の従業員と住民に向けた医療保険に参加している人は3億3600万人余り、新型農村合作医療制度に参加している人は8億3千万人に達している。これを合計すると、11億6千万人以上となる。

 医療保障がカバーする対象が拡大していることは、医療費が高いという民衆の問題を解決するための強力な支えとなる。今年設定された目標は、都市部の従業員と住民に向けた医療保険の参加者を3億9千万人に増やすことだ。これに農村の医療保険参加者8億人余りを足せば、12億人以上の中国公民が基本的な医療保障を受けられることになる。

 中央財政はこれに加え、閉鎖・破産した企業の退職者など困難を抱えるグループが医療保険に参加できるようにするため、特別補助金として429億元を割り当てている。昨年すでに割り当てられた80億元を足せば、この懸念を解決するために509億元が割り当てられたことになる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年8月5日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】第1回中米戦略・経済対話(S&ED)new
【特集】上半期のマクロ経済データ
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古