2009年8月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:30 Aug 05 2009

中国、農民は60歳以降国家が養老金を付与

 人力資源・社会保障部の胡暁義・副部長は4日、国務院新聞弁公室が行った記者会見の席上、中国の各項社会保障制度は現在不断に拡大を続けており、今年末までにも12億人を超える国民が基本的な医療保障を受けられ、新型農村社会養老保険の試験が「十一(10月1日の国慶節)」までに始動され、中国の農民は60歳以降、国家が補助する年金を受けられるようになる。さらに、今年の企業退職者を対象にした基礎年金の調整は既に完了しており、調整後、1人あたりの年金は毎月1200元となり、1人あたり平均110元増加する。

 同副部長によると、国務院常務会議は既に審議を経て「新型農村社会養老保険試験地区に関する指導意見」が原則的に通過、現在同意見は各地の意見を求めており、「十一」までに試験地区が始動する。新型農村保険とこれまで一部地域で実施されていた従来の農村保険とは、資金調達構造が大きく異なる。従来の農村保険は主に農民自身が納めており、事実上自己貯蓄型だった。しかし新型農村保険は個人納付、集団補助、政府補助を統合し、そのうち中央財政を地方に補助し、直接農民に対して補助をする。同副部長は、これは農業税、農業直接補助、新型農村合作医療などの取消に続く、さらなる重大な農民優遇政策であると説明。各地で全面的に展開されるようになれば、中国すべての農民が60歳以降、国家が補助する年金を受け取ることができる。(編集HT)

 「人民網日本語版」2009年8月5日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古