2009年8月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:41 Aug 06 2009

四川で217人が食中毒に 1人死亡33人重体

 四川省衛生庁緊急弁公室の5日の報告によると、今月2日に涼山イ族自治州会東県で発生した食中毒と思われる事件で、217人が中毒にかかり、うち1人が死亡、33人が重体だという。「四川日報」が伝えた。

 今月1日午後、同県江西街郷の碗厰村の村民、陳応富さんが自宅で誕生日会を開き、304人が集まった。翌2日午後3時頃から、誕生日会の出席者が相次ぎ嘔吐や腹痛、下痢などの症状を訴え始め、3日午前6時までにのべ217人が発病、うち1人は同日明け方に治療の甲斐なく死亡した。残り216人のうち、159人(うち23人は重体)がひとつの病院に、47人(うち10人が重体)は別の病院に入院して治療を受けている。今のところ緊急処置を施し、患者の病状は安定しているという。(編集KA)

  「人民網日本語版」2009年8月6日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古