2009年8月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:01 Aug 10 2009

中国第2世代の宇宙飛行士に女性も

 中国宇宙飛行士科学研究訓練センターの楊利偉・副主任は9日、現在中国は国内第2世代の宇宙飛行士を選抜中であり、その中に女性飛行士が含まれることを明らかにした。

 同副主任によると、中国2世代目の宇宙飛行士は現在選抜中であり、その中には女性が含まれている。女性宇宙飛行士に求められる選抜基準は、男性飛行士とは異なる。志願者を対象にしたテストを通じ、女性宇宙飛行士選抜に必要な膨大な科学的データを畜積した結果、生理上から身体条件に至るまで、異なる基準が制定された。

 同副主任は、国内第2世代宇宙飛行士に女性飛行士が含まれる可能性があるものの、2世代目の飛行士がいつ発表されるかについては、明言を避けた。

 同副主任によると、女性宇宙飛行士の選抜基準には見直しの可能性があるものの、厳しいものになるとは限らないという。たとえば、第1世代宇宙飛行士選抜時に必要とされた身長は1メートル65センチから1メートル72センチの間だったが、第2世代では上限が1メートル75センチにまで緩和される。

 また同副主任は、第2世代宇宙飛行士の数は多くなるとは限らず、中国宇宙事業の発展に伴い、飛行士の選抜間隔は徐々に短縮され、年齢層の幅広いチームが形成されることになると述べた。

 さらに、同副主任を含む第1世代宇宙飛行士は次回ミッションに向けて準備中であり、宇宙空間でのドッキング訓練を行っていることを明らかにした。中国は次なるスペースミッションとして船外でのドッキングを計画している。船外活動については昨年既に成功、次回の有人飛行ではドッキングを目指す。「ドッキングには自動と手動の2つのシステムがあり、宇宙飛行士は現在次回ミッションに向け訓練中です」。

 科学研究者を宇宙飛行士に育成する計画については、今のところないという。(編集HT)

 「人民網日本語版」2009年8月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古