2009年8月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:26 Aug 13 2009

教育部 帰国留学生を利用した薬物密輸を警戒

 教育部は12日、海外に在住する中国人留学生に対し、気軽に他人から依頼を受けた物品を携帯して入国し、薬物販売分子に利用されないよう警告した。

 先ごろ、マレーシア在住の中国人女子留学生2人が他人に依頼を受けて携帯した手荷物の中に薬物が隠されていたことが判明、入国時に中国税関の摘発を受け、刑事拘留された。

 これに対し教育部の関連責任者は、犯罪分子は自己防衛意識が弱く、警戒心に欠ける留学生をしばしば利用し、国内外で話しかけたり、友人になるなどの方法で当事者に接近、一部の犯罪分子は生活上、学習上の困難を手助けすることで、徐々に信頼関係と好感を得て、「物品携帯入国の手助け」を要求、あるいは往復航空券、宿泊費、高額報酬を提供する場合もあると指摘する。携帯を依頼された物品が薬物であるとわかり、違法犯罪行為であると認識していながら、利益の誘惑に負けて自ら冒険に挑む学生もいる。

 この種の事件の再発を防止すべく、教育部は在外中国人留学生に対し、法律を厳格に遵守し、帰国入国時に不用意に他人の携帯物品を持ち込まず、高額報酬が約束されている携帯物品についてはさらに警戒を高め、拒絶するよう求めている。やむを得ず他人の物品を携帯して入国しなければならない場合は、まず状況と物品の中身を確認し、入国時に法に基づき事実を申告する。また、在外留学生は友人関係を結ぶ際に慎重になることを心がけ、わずかな利益のために他人に利用されないよう警告している。(編集HT)

 「人民網日本語版」2009年8月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古