2009年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:37 Aug 17 2009

日本の平和遺族会が靖国神社参拝に反対


 1945年8月15日、日本の裕仁天皇が日本の無条件降伏を発表した。今日は日本が無条件降伏を宣言してから64周年にあたる。日本の戦没者の遺族が組織する平和遺族会全国連絡会は15日、東京の靖国神社付近でデモ集会を行い、靖国神社参拝に反対した。

 デモの前に開かれた集会で、戦没者の遺族である井上建氏が杖をつきながら台上に上がり、戦争は非常に悲惨な記憶をもたらすもので、今後二度と戦争が起きないことを希望すると発言した。井上氏に率いられて、集会に参加した300人近くの人は日本の侵略戦争で死亡したアジアの人民と日本の戦没者のために黙祷した。

 デモ参加者は同日昼、「靖国神社は戦争の神社」、「遺族は靖国神社参拝に反対」などと書かれたプラカードを手に、「首相と閣僚の靖国神社参拝に反対」、「平和憲法を擁護」といったスローガンを口にしながらデモを行った。参加者の中には高齢者もいたが、強い日差しの下でも30分近くのデモを歩きとおした。

 同日、日本の元首相の小泉純一郎氏と安部晋三氏、消費者行政推進担当大臣の野田聖子氏、国会議員41人が靖国神社を参拝した。靖国神社は東京都千代田区にあり、東条英機を含む14人のA級戦犯の位牌が保管されている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年8月17日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古