2009年12月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:23 Dec 07 2009

朝鮮版映画「紅楼夢」がクランクアップ

9月17日、歌劇「紅楼夢」はピョンヤン大劇場で初演を迎えた

 朝鮮芸術映画撮影所の制作による映画版「紅楼夢」がこのほどクランクアップした。朝鮮「労働新聞」が6日、伝えた。

 同作品は歌劇(オペラ)映画版で、朝鮮の芸術家が今年創作した歌劇版「紅楼夢」を、朝鮮芸術映画撮影所が映画化した。

 中国古典の名著「紅楼夢」と朝鮮人民との繋がりは深い。朝鮮の故・金日成国家主席は1961年、中国を訪問した時に、越劇(浙江省の地方劇)「紅楼夢」を観賞した。同年秋には、上海越劇団が朝鮮を訪問、越劇「紅楼夢」を上演した。金日成主席はその後、「紅楼夢」を朝鮮の民俗劇「唱劇」版にアレンジして上演するよう、国内の芸術家に指示した。

 中朝国交樹立60周年記念にあたる今年は「中朝友好年」だ。その活動のひとつとして、朝鮮血海歌劇団は、朝鮮の最高指導者・金正日主席の指示に基づいて、現在の「唱劇」を基礎に発展させた朝鮮語版歌劇「紅楼夢」を、稽古を積んで完成させた。9月に上演されたこのオペラは、熱烈に歓迎され、大評判となった。中国国務院の温家宝総理は、今年10月に朝鮮を訪問した際、金正日国家主席と一緒にこのオペラを鑑賞した。

 「労働新聞」によると、今回クランクアップした映画「紅楼夢」は、主人公・賈宝玉と林黛玉の悲恋を通し、崩壊へ向かう中国封建社会が生き生きとした芸術性で描かれ、ひとつの社会体制が滅びゆく必然が示されているという。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年12月7日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古