2009年12月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:06 Dec 21 2009

富豪20人のお見合いパーティ、チケット10万元

 独身富豪20人が20日、北京郡王府飯店(ペニンシュラ・パレス)に集まり、某ウェブサイトが主催した「富豪お見合いパーティ」に参加した。お見合いパーティのチケット代金は10万元。パートナー候補の女性は、芸術関係の大学出身者が多く、「ミス・キャンパス」級美女が顔を揃えた。北京の日刊紙「京華時報」が伝えた。

 20日夕方6時、ペニンシュラ・パレス正面玄関には、フェラーリ、ポルシェ、BMWなどの高級ブランド車がずらりと並んだ。高級車のオーナーは、「富豪お見合いパーティ」の参加者だ。控室では、主催者が選抜した女性約20人が、イブニングドレスを身にまとい、パーティの開宴を待っていた。このパーティに参加した女性は、全国から選ばれた21-25歳の女性という。大部分が芸術関係の大学出身で、「ミス・キャンパス」も多くいた。

 主催者によると、今回の「富豪お見合いパーティ」は、4回目の開催という。男性の参加者20人は全員、保有資産1億元以上の富豪で、10万元のパーティ券を購入して、パーティの参加資格を得た。

 パーティに参加したある男性は、「今回参加したのは、決して散財して美女を選びに来た訳ではありません。パーティ券代に10万元を使ったことで、生活に困ることはなく、将来の生活について真剣に考えている表れです」と語った。彼は、今回のパーティで、「運命の赤い糸の相手」に出会い、幸せな家庭を築きたいと真剣に望んでいた。

 独身富豪による豪華なお見合いパーティが、一般庶民の恋愛・結婚観にマイナス影響を及ぼすか否かについて、徐天立氏は、セレブな人々にとって、このようなパーティは、実際的な結婚・恋愛ニーズを示すものであり、他人に関係が及ぶものではないという見方を示す。パートナー選びは、富豪も庶民も本質的には同じだが、富豪は条件のハードルが高いため、それに伴うコストも自ずと高くなってしまうという訳だ。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年12月21日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古