2010年1月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:06 Jan 28 2010

「重慶大爆撃」訴訟第12回公判、日本で開廷

 「重慶大爆撃」のひとつ、「松潘爆撃」訴訟の公判が27日、東京地方裁判所で開廷した。これは、「重慶大爆撃」裁判で12回目の公判となる。四川省松潘県の原告2人が、日本軍による「松潘爆撃」が現地住民にもたらした大きな被害について、法廷で陳述した。

 「松潘爆撃」訴訟事件の被害者代表・馬福成さんは、彼の家族が爆撃で重傷を負い、祖母など3人が命を失ったと語り、「松潘爆撃」に対する謝罪と損害賠償を行うよう日本政府に求めた。

 「重慶大爆撃」弁護団の田代博之弁護士は、記者に対し、「数度にわたって開かれた法廷では、検察側と弁護側の争点がずっと食い違ったままだ。弁護団は、事実と証拠に基づき、歴史を実証していく」と述べた。さらに、「弁護団は3カ月に1回は法廷で陳述していくつもりだ。中国人被害者に法廷で当時の状況を陳述してもらうことで、日本の裁判所と日本人にこの史実を知ってもらいたい。第1審で敗訴しても、弁護団は、高等裁判所、最高裁判所に上訴する」と続けた。

 中国侵略の旧日本軍は、1938年2月から1943年8月まで、日本軍機9513機を出動させ、200数回にわたり重慶への空爆を繰り返し、細菌爆弾など各種爆弾2万1600個を落とした。これにより、現地住民1万1900人が命を失い、1万4100人が負傷し、家屋1万7600棟が爆破された。この爆撃は、歴史的に「重慶大爆撃」と呼ばれている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年1月28日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古