2010年3月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:15 Mar 22 2010

干ばつ被害で1600万人が飲み水不足 西南部

 22日は「世界水の日」だった。しかし、雲南、広西、貴州、四川、重慶の5省・市・自治区では、干ばつによる被害が拡大している。

 統計データによると、南西部のこれら5省・市・自治区で干ばつの被害を受けた人は5千万人以上に達し、1600万人分の飲み水が不足している。干ばつ被害による農業生産への影響は、すでに上流市場にまで及んでいる。また、中央気象台は、中間レベル(黄色)の乾燥早期警報を引き続き発令している。貴州中部・東部では23日、小雨あるいはにわか雨の予報。雲南、川西高原南部、広西西北部などの干ばつ地域では、今後3日間、降雨はほぼゼロの見通し。雲南、貴州、川西高原南部、広西西北部など乾燥地帯の干ばつ状況は、ますます深刻化している。

 「桂林山水甲天下(桂林の山水は天下一)」という言葉がある広西桂林でも、60年ぶりの干ばつによって、その「豊かな水」が干上がっている。悠々と水を湛えるあの漓江が、まるで一筋の小川になり果て、河床はほぼ全て露出した。

 桂林市旅遊(観光)部門は16日、漓江下り遊覧コースを変更するよう、地元の各旅行会社に通達を出した。一部旅行社は、桂林から漓江に至る従来の長い漓江下りから、水深の深い漓江区間のみへの変更を余儀なくされた。変更後の遊覧距離は約半分に短縮された。ある旅行社の担当者は、「桂林観光の目玉は漓江下りです。干ばつによって、観光客離れが起こってしまいます」と苦い顔で語る。

 4月の「溌水節(水かけ祭り)」も、南西部観光の大きな注目スポットだ。しかし、今年の溌水節は無事行えるのだろうか?南方の現地メディアによると、溌水節は必ず行われ、干ばつのため中止などあり得ないという。溌水節はタイ族にとって重要な祝日で、タイ族の春節に相当する。また、雲南少数民族の祝中でも最大のもので、参加する人の数が最も多い祝日だ。現地では、民俗的見地から溌水節を尊重しており、干ばつが原因で行事を取りやめることはあり得ない。もっとも、今年の溌水節は、深刻な干ばつ状況のもとで、例年とは違ったものになる見通し。雲南省徳宏タイ族景頗族自治州の指導層によると、現地政府は今年、水かけ祭りの行事は行わないという。それに代わるいくつかのイベントを企画して、大量ではなく少しの水で済むよう取り計らう。

 雲南省関連部門は、同省の花卉生産高は、前年同期比半減し、品質が優良な花卉の割合はかなり低下すると予測している。昆明市の花卉栽培面積の8割が被災したことで、花卉の販売価格が高騰した。全国各大都市の市場で販売されている雲南の生花は軒並み、値上がりしている。先週は2本10元だった広州のカサブランカ価格は、今週は1本10元に上がった。バラも、1本3元から5元に値上がりした。花屋の店主によると、雲南の花卉供給量はかなり減少しているという。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年3月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古