2010年3月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:43 Mar 23 2010

日本 強風で1人死亡、負傷者多数



 日本海の低気圧の影響を受け、日本各地では20日から21日にかけて強風に見舞われ、一部では砂嵐も観測された。悪天候により、これまでに1人が死亡、59人が負傷した。また、鉄道が一部で不通となったほか、一部のフライトもキャンセルとなった。

 日本気象庁が21日に発表した情報によると、日本に接近する低気圧によって強風がもたらされ、北海道から九州・沖縄まで、日本各地で砂嵐が観測された。奈良市、鹿児島市、那覇市などでは、可視度が2キロ未満にまで低下した。

 福岡県北九州市では20日午後、強風で飛ばされた精算機の屋根に直撃した女性が死亡した。このほか、強風の影響で、12の都道府県で59人が負傷した。

 強風と砂嵐の影響で、羽田空港では21日、フライト116便がキャンセルとなったほか、東京の鉄道各路線は21本が一時不通となり25万人が影響を受けた。北海道では鉄道176本が不通となった。

 日本気象庁によると、千葉県で観測された最大瞬間風速は秒速38.1メートル、江戸川区の最大瞬間風速は秒速35.2メートルだったという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年3月23日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古