2010年3月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:12 Mar 23 2010

公務員に魅力を感じない大学生、僅か7%

 北京市(区・県)党政機関が募集する公務員について今年から、職位の8割が2年以上の基礎的業務経歴が求められることになった。来年には特殊職位を除き、市(区・県)党政機関公務員は大卒者の新規採用は行われず、すべて基礎業務経歴を有する社会人採用となる。上海市でも2010年度の公務員募集の中で、市級機関、区・県機関など、2年以上の基礎業務経歴が求められる職位は7割を超えている。「中国青年報」が伝えた。

 国家機関および多くの都市の公務員募集で新卒者採用比率が減少している中、大学生は公務員試験というこの難関にまだ挑むのだろうか?中国青年報社会調査センターが先週、ウェブサイト「題客調査網(qtick)」を通じて現役大学生(院生および高等職業専門学校生を含む)2385人を対象に行った就職希望に関する専門調査結果によると、党政機関(公務員)への就業チャンスに期待する大学生は今もなお34.2%に達しており、「公務員には魅力を感じない」とした大学生は僅か7.0%だった。

 公務員のどのような点が最も大学生を惹きつけるのか?今回の調査結果によると、「福利厚生が充実」がトップで66.5%、「安定性」が66.3%、「確実」が59.5%、以下順に、「高給与」(46.9%)、「業務が楽」(45.2%)、「社会的地位が高い」(43.9%)、「その他収入が多い」(19.2%)、「強い権力」(18.3%)などが続いた。

 中国人民大学労働人事学院の劉爾鐸・副院長によると、大学生の公務員受験の情熱に変わりはなく、新卒者の採用人数が既に大幅に減らされていることがあまり知られていない可能性があるという。さらに重要なのは役人部門に関する問題であり、多くの国家の公務員は職位である一方、中国の公務員には今もなお権力、果ては権力の力を借りる問題が存在している。劉副院長は、大学生は冷静に公務員の職業選択を行い、すべての人が公務員に適しているわけではないとしている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2010年3月23日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古