2010年4月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:14 Apr 22 2010

青海 被災地で大学受験に向けた「テント学校」開設


 地震の被害を受けた青海省玉樹県では21日午後、蘭州軍区の支援により、大学受験に向けた「テント学校」が結古鎮で開校、高校3年生116人が入学した。

 玉樹州職業技術学校は震災で大きな損害を受けた。同学校の高等部に在籍する高校3年生100人以上がまもなく大学受験を迎えることを知った蘭州軍区の災害救済チームは、臨時キャンパスを建設することを決定、できるだけ早い授業の再開を目指した。

 綿密な計画を経て、教室と教師の事務室用に大型テント12張、教室用テント4張、机と椅子144セットが用意されたほか、学生一人一人に学習用品・生活用品1セットずつが配られた。食事は野戦用の炊事車により賄われる。

 このテント学校は教室(7部屋)、学生宿舎(5部屋)、教学研究室(2部屋)、食堂(1部屋)、医務室(1部屋)からなる。また、大学生兵士6人と指導員、医療関係者3人が学生と寝食をともにし、問題に対処するほか、安心して学習できる環境を提供する。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年4月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古