2010年5月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:04 May 26 2010

海口 108階の7つ星ホテル建設 28億元投資

 28億元、108階、地上300メートル以上……海南国際コンベンションセンターの関連7つ星ホテル海上埋め立てプロジェクト、海口千禧酒店の建設が今年3月に発表され、中国国民を刺激、非常なる注目を集めている。同コンベンションセンターからプロジェクトを受注したデベロッパーが24日に明らかにしたところによると、世界的観光島、海南の開発の衝撃的な同プロジェクトは、7つ星ホテルの地上高度は未だ確定していないが、計画では2012年に着工、2015年末の竣工・オープンを目指している。

 海南国際コンベンションセンタープロジェクトの蒋祥銀・副総指揮長によると、海口千禧酒店海上埋め立てプロジェクト海域使用論証報告および海洋環境影響報告が専門家による審査を受けており、既に専門の業務チームが派遣され地震・航路管理部門などと情報交換を行っている。プロジェクトの前期準備業務には約2年半が費やされる。

 人工島となる今回の埋め立てプロジェクトは総面積約3.4ヘクタール。海岸から300メートル沖合に建設され、ホテルの延べ床面積は20万平方メートル以上、600-800室の客室のほか、アミューズメント施設および免税店街に4万平方メートルが充てられる計画。建物の一部はオフィスやマンションとなり、海口を本社としたい上場企業を島外から誘致する。関係者は「海南島はドバイのフラッグシップホテルにも匹敵する美しさのホテルを建設する」と語っている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2010年5月26日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古