2010年6月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:06 Jun 11 2010

中国人記者4人が南アフリカで強盗被害 w杯

 ワールドカップ南アフリカ大会の開幕が目前に迫っているが、現地の安全問題が人々の憂慮を招いている。9日、安徽省からワールドカップ取材のために現地を訪れていた中国人記者4人が強盗被害に遭い、カメラと現金が奪われた。「新京報」が伝えた。

 記者4人は、取材中に強盗に遭ったという。安徽の某メディアからヨハネスブルグに取材に来ていた4人は、車で移動中だった。現地には公共交通機関がほぼ皆無であることから、現地に取材に来ているほとんどの記者は、便利さと安全性を考慮して、取材にハイヤーを利用している。しかしこの日、4人が乗った車が路上で停止した際、武器を持った数名の黒人が無理やり窓を開け、車のドアを開けるよう彼らを脅した。

 4人は止むを得ずドアを開けた。ドア近くの座席に座っていた1人が脅され、持っていた少額の現金が奪われた。残念ながら、取材用カメラも難を逃れることはできず、強盗の手に渡った。このカメラは約1万元相当という。

 安徽省の記者4人以外に、北京から取材に来ていた記者1人が黒人密集区で強盗被害に遭ったという未確認情報もある。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年6月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古