2010年6月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:04 Jun 13 2010

上海万博「ジャパンデー」、各界のスターが共演

 上海万博は12日、「ジャパンデー」を迎えた。人気グループ「SMAP」のイベントは諸事情により中止となったものの、鳩山由紀夫前首相、俳優の渡辺謙さん、男性ダンス&ボーカルユニットのw-inds、ベテラン歌手の谷村新司氏など、各界の「スター」が万博会場に駆けつけ、さまざまなイベントを行った。

 鳩山由紀夫氏は、管首相の特使として式典に参加した。「感謝」を基調とした挨拶の中で、鳩山氏はまず、「上海は、私の妻の生まれた場所でございまして、ぜひ総理を辞めても、この上海万博はお前が行ってこい、そのような菅首相の温かいご配慮のたまものでございます」と、新首相の管直人氏に対して感謝を示した。

 鳩山氏はまた、日本の万博参加に際して、中国と日本の関連方面から大きな支持を得たことについて、「心からの感謝」を示し、日本の万博展示が環境問題解決の一助となることを望むとした。

 千年以上前、日本の遣唐使を乗せた木製の帆船が中国に到着し、両国の文化交流の幕が開けた。ジャパンデーの重要イベントである、「遣唐使船再現プロジェクト」はこの日の「主役」となった。「遣唐使船」の船員たちは、正午に行われた万博パーク内のパレードに参加し、かいをこぎながら掛け声を出して千年前の様子を再現した。

 イベント「つながろう! 調和のとれた未来のために」では、谷村新司さんやwind-sなど日本のスターたちと、日本で活躍する上海出身の歌手aminさん、演奏家の呉汝俊さんなどが共演を果たした。

 今週は「ジャパンウィーク」として、上海万博の各地で日本に関連するさまざまなイベントが行われる。アジア広場では、昼間はダンス、ファッションショー、夜はアニメソングのライブなど、日本の現代文化を紹介するイベントが毎日開催される。日本館では、日本の最新技術を駆使し、ドラえもんが初の3D映像として登場、上海万博の開催を祝う。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年6月13日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古