2010年6月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:20 Jun 18 2010

中国・インターネット流行事情--アジアで流行する「偽娘」

 中国のネット上では「偽娘育成マニュアル」「偽娘白書」など、「偽娘」になる方法を教える資料などが出回っている。「偽娘」たちは家で女装を練習するだけでなく、オンライン・オフラインで頻繁に集まり、互いに女装について語り合い、その「偽娘」観を比較しあっているという。現在、オンラインショップでは、かつらやコスプレ用衣装のほか、キャラクターグッズや財布、ブラジャーなど、「偽娘」向けの商品が人気を集めている。

 中国で争論の的となっている偽娘現象だが、その起源は大男子主義(男性優位主義)の横行する日本にあるという。日本のアニメ界では、女装した男性がテーマの作品がすでに800作品に達する。現実の世界にも、女装した男性のいるタレント事務所やバーストリート、女装用のブラジャーなどを売る専門のアパレルショップなどがある。

 読売新聞も女装した男性についての特集記事を組み、性別の観念をひっくり返す彼らの存在が日本の将来を変えるかもしれないとの見方を明らかにしている。日本では、偽娘よりも多いのが草食系男子だ。草食系男子とは、心が優しく、男らしさに縛られておらず、恋愛に対しても受動的な人を指す。

 韓国では、女性のように美しい男性のことを「花様美男」と呼んでいる。現在、「女性よりもさらに女性らしい美貌を持つ」ことは、韓国のテレビ番組の主役男性を選ぶ際の一つの基準となっているという。「花様美男」たちの美しさに惹かれ、韓国の男性たちの間でも「美しさ」を保つことがブームになりつつある。韓国では、多くの若い男性がカバンにクリーム、ハンドクリーム、手鏡などを入れており、百貨店では、男性用スキンケア商品の量が、女性用に負けず劣らず多いという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年6月17日


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古