2010年6月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:13 Jun 25 2010

濫用される専門家の声、信用に値するか?

 ここ数年来、一部の専門学者の発言がメディアを通じて明らかにされた後、多くのネットユーザーの懐疑を受けている。もっとも「中国青年報」が先週行った調査結果(5492人対象)によると、重大問題に直面した際に専門家の観点に耳を傾けると答えた人は依然として44.8%に上った。一方で32.8%の人は「耳を傾けない」と答え、22.3%の人は無回答だった。

 今回の調査の結果、39.5%の人は「専門家の発言はあくまで一個人の発言であり、参考にすぎない」と答えた。31.9%の人は「専門家の言論は状況に基づき判別する必要がある」、20.4%の人は「専門家の言論はまったく信用できない」、6.5%の人は「専門家は社会の権威で、信頼に値する」とした。

 専門家はなぜ懐疑の対象となるのか?その理由として79.6%の人は「一部の専門家に社会的責任感が乏しく、民衆の利益を代弁していない」、72.3%の人は「多くの『ニセ専門家』が『本物』を追いやり、素養が入り乱れている」とした。また28.5%の人はメディアにも責任があるとし、「メディアが争って専門家の『爆弾発言』を報道し、マイナスイメージが拡大している」と懸念している。

 中国新聞雑誌・社会歴史研究所の王天根・常務副所長は、現在多くの専門家がメディア上で政局、社会各分野の問題に対して観点を発表しており、これは一種の進歩であると述べている。しかし専門家の発言と社会の現実が一致していなかったり、あるいは民衆の期待と一定の距離があれば、往々にして民衆の疑念を引き起こし、酷評される場合もあるとしている。

 今回の調査では、23.6%の人は「人々の専門家に対する期待値が高すぎて、失望も大きい」と答えたほか、12.8%の人は「時代は変わった。今や権威は失われた時代だ」と切り捨てている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2010年6月25日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古