2010年6月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:21 Jun 28 2010

中国の流動人口、2億1100万人に

 国家人口計画生育委員会(計生委)流動人口服務管理司が発表した「中国流動人口発展状況報告」によると、中国の流動人口は、2009年時点で2億1100万に達し、平均年齢は27.3歳という。流動人口は、分布、構造、素質などが複雑なことから、6つの大きな問題が顕著化している。 国家の戦略計画や政府の社会管理・公共サービスは、この問題解決という厳しい局面に立たされている。

 計生委は昨年7月、流動人口サービス管理強化政策制定の根拠・参考となる資料データを提供し、秩序ある人口流動を主導する目的で、重点地区における流動人口監測試行調査をスタートさせた。具体的には、北京、上海、深セン、太原、成都の5都市・56県・区の郷・鎮173カ所、村住民委員会423カ所、流動人口世帯2万1771世帯、流動人口4万7461人を対象としたフィールド調査を実施した。調査の結果は以下の通り。

 流動人口のうち78.7%は農村戸籍を持つ。年齢別では、青年・壮年が中心で、20-44歳が調査対象者の3分の2を占め、14歳以下の子供も20.8%含まれていた。性別で見ると、男性が50.4%、女性が49.6%。流動人口家庭の世帯あたりの平均人数は2.3人。16-59歳の流動人口のうち、86.8%は中卒以上の学歴を持っていた。流動人口の平均月収は1942元。主に製造業、卸売・小売業とサービス業に従事、低賃金あるいは危険度の高い業界に集中していた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年6月28日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古