2010年7月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:06 Jul 01 2010

中国最大の軍艦、アデン湾に遠征 (3)

 隊員約1千人を載せ、アデン湾に向け出航する中国海軍第6陣の護衛艦隊の宣誓大会が6月30日、広東省・湛江の軍港で盛大に行われた。

 中国海軍副司令員の徐洪猛中将が大会に出席、南海艦隊の黄嘉祥政治委員がスピーチを行った。

 第6陣の護衛艦隊は、南海艦隊の揚陸艦「昆侖山」、ミサイル駆逐艦「蘭州」、双胴船、現在もアデン湾で護衛任務についている総合補給艦「微山湖」で構成される。

 排水量1万8千トンの「昆侖山」は国内では最大の軍艦。この軍艦に随行する高い機動力を備えた双胴船は、海軍が誇る最新装備で、護衛任務に初めて登場した。

 中国海軍の大型揚陸艦が、水・陸両兵力を備えて遠洋護衛任務につくのも、今回が初めてとなる。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年7月1日




[1] [2] [3] [4]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古