2010年7月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:20 Jul 09 2010

ネットゲーム暴力化、最大被害者は青少年

 中国社会科学院新聞伝播研究所は北京で7日、国内初の新メディア青書「2010年中国新メディア発展報告」を発表した。青書によると、国内オンラインゲームの市場規模は、2009年に310億8000万元、2012年に686億2000万元、世界市場シェアは46.9%に達する見通し。

 オンラインゲームに関する青書の記述内容は次の通り。

 専門家は、オンラインゲームの暴力化傾向に大きな懸念を抱いている。オンラインゲームの暴力化はますます高まっており、「言葉による攻撃」から「武器を持たない団体攻撃」まで、その方法もエスカレートする一方だ。

 青少年は、オンラインゲームの暴力化によって最も深刻な被害を受ける。中国のオンラインゲームユーザ約4000万人のうち、25歳以下の青少年が8割を占める。北京市の民間団体の調査によると、青少年ネットユーザのうち、14.8%がネット依存症で、これは成人の割合より高い。ネット依存症の青少年の多くは、オンラインゲームで遊んでいる。

 身体・精神両面で成長段階にあることから、長時間オンラインゲームにふけることは、青少年に極めて大きなマイナス影響を及ぼす。脳の発達の妨げとなるほか、自律神経のバランスや体内ホルモンのバランスを乱し、極端な場合は、死に至るケースもあり得る。

 さらに懸念すべきは、暴力的なオンラインゲームの多くには、性的暴力の要素も絡んでおり、青少年が暴力的なオンラインゲームの直接被害者となっていることだ。暴力的なオンラインゲームは、青少年犯罪を誘発する最大の要因となり、現実の暴力行為の引き金となる恐れもある。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年7月9日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古