2010年7月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:20 Jul 09 2010

中国 19歳以下の男女差、2377万人

 中国では現在、19歳以下の人口のうち、女性が男性よりも2377万人少ない。10年後に結婚適齢期となる男性数は女性よりも2千万人以上上回ることになり、1千万人を超す男性が「結婚難」に直面する。

 中国では現在西蔵(チベット)を除くすべての省・自治区・直轄市で出生人口性別のアンバランスが存在する。農村、とりわけ辺境地区では今や、年齢の高い未婚男性は珍しくない。農村の小学校・幼稚園では男児比率が明らかに上昇している。長江デルタ、珠江デルタ、福建省東南部など製造業やアパレル加工業が集積する地域では18-25歳の若い女性労働者が極端に不足しており、「見渡せば年頃の女性ばかり」が常識だったアパレル工場はやむを得ず男性労働者を迎えている。この現状に、「男性が溢れ女性に乏しい時代」がすでに到来したとの声も聞かれる。

 中国社会科学院が発表した2010年「社会青書」によると、現在中国の19歳以下で男女比のアンバランスは著しく、2020年までに国内で結婚適齢期に達する男性人口は女性を2400万人上回ると予測される。推算では1千万人以上の男性が「結婚難」に直面することになる。

 「中国の出生人口の男女比がバランスを欠いている状態はすでに過去20年間以上続いており、その累積した結果が現われている」。南開大学経済学院人口・発展研究所の原新・教授は、男女比とは本来自然進化の法則であるが、中国では出生人口の男女比がバランスを欠いている状態はすでに社会の大きな問題となっていると指摘する。

 「出生人口の男女比が長期にわたりバランスを欠いている直接の影響は、『結婚ハードルの高まり』現象に集結する」。中国人口学会の田雪原・常務副会長によると、国家統計局の人口統計資料に基づく推算では現在、0-19歳人口のうち、男性は女性よりも2377万人多い。今後20年以内に、毎年新たに結婚適齢期を迎える男性は女性に比べ年平均120万人以上多くなる。同じ結婚適齢期の女性が不足するため男性は自分より年下の女性の中から配偶者を選択することとなる。それでも選択肢がなくなれば、他の都市で女性を探したり、あるいは都市部の男性が農村出身の女性を探したり、経済発達地区の男性が未発達地区の女性を探すようになり、最終的には結婚できない男性が低収入の貧困層で増えることになると見込まれる。(編集HT)

 「人民網日本語版」2010年7月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古