2010年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:20 Aug 02 2010

河南の「天地の中」建築群が世界遺産に

 31日にブラジルの首都ブラジリアで開かれた第34回世界遺産会議で、中国が申請した河南省登封の「天地の中」歴史建築群が世界文化遺産に指定されたことにより、ここはユネスコ・国連教育科学文化機関から認可された中国での39番目の世界遺産となりました。

 国家文物局の童明康副局長は、会議の席上「この建築群は中国古代の宇宙理念を具現し、中国の伝統的な天文的理念と皇帝の権力を効果的に結びつけ、古代の建築、芸術、宗教と科学分野に大きな影響をもたらした」と述べました。

 この建築群には周公観景台、登封天文台、嵩岳寺塔、少林寺など漢、魏、唐、宋、元、明、清などの時代の建築物が含まれています。(翻訳:トウエンカ)

 「中国国際放送局 日本語部」 2010年8月2日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古