2010年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:47 Aug 02 2010

各地の「人口ゼロ成長」タイムテーブル発表

 中国科学院は7月28日、「2010年中国科学発展報告」を発表した。これは、国内初の自然科学と人文科学の学際的結合をベースとして、科学発展理論を掘り下げ、科学発展実践を総括し、科学発展レベルを評価した総合研究報告。中国科学院交叉(学際)科学センター唐山科学発展研究院が毎年編さんしている。

 以下、報告の概要。

 中国は環境に優しいグリーン発展を実現させ、三大基本段階を秩序立てて通り、三大基本目標を達成しなければならない。各分野での「ゼロ成長」の時期別目標は次の通り。

 (1) 2030年までに、人口総数・規模における「ゼロ成長」を実現させる。同時に、人口の「質」を大幅に向上させる。

 (2) 2040年までに、資源・エネルギー分野での「ゼロ成長」を実現させる。また、社会的財産を最大限まで増やす。

 (3) 2050年までに、生態環境退化における「ゼロ成長」を実現、環境の質と生態安全を大幅に高める。

 国内で一番早く「人口ゼロ成長」が実現するのは、上海で、早ければ2015年に増加がストップする見通し。続いて、天津と北京で2018年頃と予想される。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年8月2日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古