2010年8月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:54 Aug 25 2010

人民解放軍の軍靴が欧米で人気

日本のショッピングサイトで売られている従来の解放靴。

 「解放靴」と呼ばれる人民解放軍軍靴がこのところ人気を集めている。ある米国ブランドが中国メーカーと共同生産した改良版解放靴は一足76ドル、ブランド物のスポーツシューズに負けてはいない。「東南網」が伝えた。

 解放靴はすでに60年の歴史がある。1950年、人民解放軍総後方勤務部は建国以降初の中国人民解放軍の軍服「50式軍服」を制定、そこに含まれていたのが解放靴で、以後解放靴は40年の長きにわたり全国を風靡した。しかし90年代になると「やぼったい」とみなされ流行から外れ、一部労働用品店で販売されるだけとなった。

 今年に入り欧米で爆発的人気されるだけとなった改良版「Ospop」解放靴は、米国の実業家と河南省の解放靴メーカーが共同開発したもので、解放靴の伝統であるラバー製のつま先とキャンバス地の本体はそのままに、材質に改良が加えられ、より快適に、丈夫に仕上がった。靴には「工」の字がプリントされ、定価は一足76ドル。

 ある日本語オンラインショップでは、一般的な解放靴が2990円で販売されている。

 改良版「Ospop」解放靴の欧米での爆発的ブームにつられ、定価2ドルにも満たない従来の解放靴も値上がりしている。

 ショッピングサイトでは、多くのミリタリーショップが正規版「Ospop」解放靴を販売、価格は168元。うち広州のショップはこの1カ月で41足を販売した。オーナーによると、店で最も売れ行きが良いという。

 爆発的人気の改良版に比べ、従来の解放靴は国内では依然市場は小さく、個性を追求する一部の若者、あるいは年配者に好まれている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2010年8月23日


改良版「Ospop」解放靴
解放靴
関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古