2010年8月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:07:47 Aug 25 2010

中国 死刑罪名を初めて削減へ

 死刑の抑制が国際的潮流・すう勢となっている。中国最高立法機関は刑法改正案(八)草案に対して23日に審議を行い、現有の13の死刑罪名取り消しに初めて明確に言及した。

 今回審議された刑法改正案(八)草案の中では、経済性非暴力の計13犯罪の死刑取り消しが明確化された。具体的には、▽文物密貿易罪▽貴金属密貿易罪▽希少動物・希少動物製品密貿易罪▽一般貨物・物品密貿易罪▽手形詐欺罪▽金融証書詐欺罪▽信用証詐欺罪、増値税専用領収書虚偽発行による輸出税、差し引き税額詐取罪▽増値税専用領収書偽造・販売罪▽窃盗罪▽犯罪方法伝授罪▽古文化遺跡・古墓盗掘罪▽古人類化石・古脊椎動物化石盗掘罪---。

 法律専門家によると、1979年に新中国刑法が制定されて以来初めての死刑罪名削減となり、2007年に中国が死刑案件許可権を最高人民法院(最高裁に相当)に帰属させて以来、死刑抑制におけるひとつの実質的進展であり、生命の尊重と人権の保障が明らかにされた。

 中国には現在68の死刑罪名があり、死刑罪名が比較的多い国家のひとつとなっている。過去数年来、一部の学者から死刑罪名削減への強い呼びかけがあった。

 中国法学会刑法学研究会の陳沢憲・副会長は、「中国の刑法には死刑にかかわる罪名が非常に多く、本当に適用されることが多いのは主に故意殺人罪、強奪罪、強姦(ごうかん)罪など7-8罪名で、一部の死刑罪名の適用は非常に少なく、存在はするが用いられないか、まったく適用例がないものもあり、削減の余地があった」と述べている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2010年8月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古