2010年8月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:30 Aug 31 2010

バドミントン世界選手権:中国が23年ぶり全制覇

 パリで29日に閉幕したバドミントン世界選手権で、中国勢は全5個の金メダルを獲得、23年ぶりに「グランドスラム(全制覇)」が実現した。

 中国代表チームの李永波層監督は、「これら5つの金メダルを手にするのは、23年前よりはるかに難しかった。23年前、我々は北京国家体育場で、開催国という優位性で世界の頂点に立った。その後バドミントン界には大きな変化が発生し、ルールだけではなく、バドミントンの普及度や各国のレベルアップにより、金メダルの全制覇はますます難しくなった」と語る。

 李総監督によると、国内リーグ戦が終了した直後であったため、代表チームの各選手はかなり疲れており、世界選手権に向けた合宿トレーニングを実施する時間が無かったことから、メダル獲得に関する具体的目標は決めなかったという。また、今年5月に行われた世界女子バドミントン選手権(ユーバー杯)大会で中国女子が敗れたことが大きな痛手となり、世界選手権前には中国チームへの期待はそれほど大きくなかった。しかし、彼らは今回、歴史的な偉業を見事成し遂げた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年8月31日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古