2010年9月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:43 Sep 25 2010

中国 45歳-54歳の約54%が自分を「老人」だと認識

 中国の45歳-54歳のグループのうち、▽約54%がすでに自分を「老人」だと認識している▽4分の1以上(28%)が「自分の老化について考えると落ち込む」と答えている▽26%が老化することに恐怖を感じている▽30%が晩年の生活を心配している。▽91%が「政府は老人に対するケアを強める必要がある」と感じている--。これらのデータは、英国の医療団体「BUPA」がこのほど発表した、健康と医療に関する国際的な研究報告によるものだ。

 同機関は今年6月-7月、中国を含む12カ国の1万2262人に対しオンライン調査を行った。それによると、65歳以上の回答者のうち、72%は「自分は老いているとは思わない」と答え、67%は「自分は健康だと思う」と答えている。しかし、中国の回答者を見ると、回答者の65%が60歳になる前からすでに年老いたと感じており、うち3分の1が「預金がある」と答え、46%が「保険に入っている」と答えている。中国は晩年の準備が世界的にも最も十分に行われている国の一つであるものの、回答者の60%は晩年の生活に心配を感じており、生活が不自由になった場合は、家族の介護を受けたいと希望している。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年9月25日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古