2010年9月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:49 Sep 30 2010

国内最先端の漁業監視船、活動開始へ

 国内最先端の漁政執法船(漁業監視船)「中国漁政310」の引き渡しが29日、広東省湛江市の造船所で行われた。

 「中国漁政310」は、国内で最大トン数、最高の技術レベル、最大の航続能力を誇る漁業監視船。法執行、全天候型巡航、周辺の緊急事態への臨機応変な対応など各機能を備えている。全長108メートル、全幅14メートル、航続距離6千海里(約1万1112キロメートル)で、2500トン級ヘリコプターの搭載、60日間の連続航行、国際航行無制限区域を運転できる。最大時速は約41キロメートル。Z-9A型ヘリコプター、新型水上ブロードバンド衛星通信システム、光電気追跡認証システムを配備、赤外線カメラ海上監視システムやカラー魚群探知機などの特殊設備も搭載している。

 「中国漁政310」の任務は、南沙諸島の監視、専属経済区の巡航管理、西沙諸島の中国漁船護衛、北部湾二国間協定の監視管理、突発的事件への対応・処理。ヘリ搭載によって、捜索救助、偵察、法執行など各分野での機動性が大幅に高まり、監視対象エリアも大きく広がり、管理機能も格段にアップし、国家の海洋権益、漁業権益、国家領海、漁民利益の保護にとっても強大な武器となり得る。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年9月30日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古