2010年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:41 Nov 03 2010

各国パビリオン、一番人気はアラブ首長国連邦 万博

 各国パビリオンが壮絶な競争を繰り広げた上海万博。閉幕に際し、来場者が各パビリオンに点数をつけた。その結果が2日、「2010上海万博参加国展示効果ランキング」として発表、アラブ首長国連邦館が上海万博各国・地域パビリオンの中で、最も来場者に人気の外国パビリオンとなった。「中国新聞社」が伝えた。

 上海交通大学人文芸術研究院の「万博と国家イメージ研究チーム」が9月24日に1520人以上の来場者を対象にランダム調査を実施、上海万博会場で「最も高い人気と影響力」を備えた30の外国パビリオンに対して評価を行った。有効回答1505通のうち、アラブ首長国連邦館、ドイツ館、ロシア館の総合得点が順に高かった。

 中でもアラブ首長国連邦館の外観デザインは大好評で、展示されたアラブ首長国連邦・ドバイのエミレーツ・シティ摩天楼、沙漠の奇観、経済発展の奇跡は入館者に深い印象を残した。外観のアイデアを上海・老弄堂と積み木くずしから得たというイタリア館は、縫製職人による実演などもあり、イタリアの優雅さに好感をもつ入館者が多く、「内部展示」と「文化的特色」の項目で満点を獲得した。

 メディアの評価が高く、連日長蛇の列を作ったサウジアラビア館は総合ランキング4位。研究チーム責任者を務める同研究院の劉康・院長は、市民のサウジアラビア館に対する高い期待の表れと分析する。5位以下は順に、スイス館、オーストラリア館、イタリア館、ベルギー館、韓国館、米国館。

 今回の調査では意外な発見もあった。アンケートに回答した人の70%はパビリオン参観後にその国の印象が変わったと答えた。アフリカで唯一の独立パビリオンだったモロッコ館は、国土面積わずか45万9千平方キロメートルの小国の発展ぶりを披露、高い誇りが感じられたとして、回答者の91.8%はモロッコの印象が変わったとした。

 米国館は期待はずれという声が多かった。米国館に対する各項評価ランキングのうち、「インタラクティブ性」、「イベント・パフォーマンス」はそれぞれ2ポイント、5ポイントと低迷した。

 調査結果によると、万博公共外交の魅力は文化・エンターテイメントの機能だった。来場者が会場内で最も期待した内容のベスト3は、異国情緒(37.6%)、芸術鑑賞(24.7%)、新たな発見(17.7%)だった。(編集HT)

 「人民網日本語版」2010年11月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古