2010年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:29 Nov 05 2010

中国の青少年犯罪率、3年連続減少

 中央社会治安総合治理委員会(中央総治委)青少年違法犯罪予防工作指導チーム弁公室の張朝暉副主任は3日、「中国において、25歳以下の青少年犯罪率は、今世紀に入り減少傾向が現れている」と述べた。

 張副主任によると、青少年犯罪率はここ3年続けて直線的に低下しているという。このような現象が見られるのは、今世紀に入り初めてのことで、犯罪率のピークは2005年だった。

 最新の精査結果によると、学齢期にあるものの学校に行かず、仕事にも就いていない「ニート」は、全国に約2820万人いる。このうち、「不良行為」または「重大な不良行為」を行う青少年は115万人。「重大な不良行為」を行う青少年25万人のうち、年齢が18歳-25歳は16万人。

 張副主任はこれについて、「全国の25歳以下の青少年のうち11人に1人は二ート、二ートの若者25人のうち1人は不良という結果が出た」とコメントしている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年11月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古