2010年11月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:15 Nov 25 2010

広州ア大会:2例目のドーピング違反発覚

 広州アジア競技大会で2例目となるドーピング違反が明らかになった。レスリング男子のヤホンギル・ムミノフ選手(ウズベキスタン)が興奮剤のメチルヘキサナミンを使用していたことがドーピング検査で発覚した。同選手はメダルを獲得していないが、アジア・オリンピック評議会(OCA)に失格を言い渡され、成績も取り消された。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 今大会最初のドーピング違反は、やはりウズベキスタンの選手で、柔道男子81キロ級で銀メダルを獲得したショキル・ムミノフ選手。使用した興奮剤も同じ物質だった。OCAによると、2人は同姓だが親戚関係はなく、2人の違反の関連性を示す証拠もないという。

 「大会出場選手が、広州で食品を通じて違反物質を摂取する可能性がある」と報じるメディアもある。しかし、中国反ドーピングセンターの趙健副主任は、「国内のドーピング検査において、中国人選手が食品を通じて違反薬物を摂取したケースは、今までに一度も見つかっていない」と話している。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年11月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古