2010年12月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:10 Dec 03 2010

朝鮮半島情勢、義烏市場にまで影響

 浙江省義烏市の雑貨市場の朝鮮、韓国との貿易が激減、物流量は大きく落ち込んでいる。ウォンの弱含みも加え、発注を控える韓国業者が少なくない。「銭江晩報」が伝えた。

 複雑な朝鮮半島情勢は、数千キロ離れた世界の雑貨集散センターである義烏にも及び、その「余震」は小さくない。

 クリスマスが近づき、例年なら義烏市場の対韓貿易はピークを迎えるが、今年は中国業者、義烏に拠点を置く韓国企業のいずれも、取引ペースを緩め始めた。

 「ここ数日、義烏から韓国への輸送量が確実に減少傾向にある」。対韓物流ビジネスに携わって8年になる喬さんは、韓国貿易業界の半ばエキスパートだ。

 「従来、韓国貿易の繁忙期は10月中旬から12月中旬で、今年も下半期当初の韓国からの輸入買付量は伸びていた。しかし朝鮮半島情勢が複雑になり、輸送量はただちに影響を受けた」。輸送量の増減から直接貿易量の状況を見て取れると喬さん。「私の物流受注も少なくなりました。韓国業者による義烏市場での買付が減っているのです」。

 喬さんは分析する。「あちらの国内外情勢が不安定になり、商社マンの心は揺れている。市民の消費意欲も落ちるでしょう。義烏に買付に来る業者は自然と減りました。加えて最近の急激なウォン安で利益が大幅に圧縮され、韓国業者は容易には商品に手を出さず、状況をうかがっています」。

 喬さんら同業者は非常に心配だ。今年の対韓貿易の買付・物流の繁忙期はこれで終わってしまうのか?「今、対外貿易利益は非常に薄くなっている。さらに繁忙期まで短くなれば、今年の我々のビジネスは上がったりです」。(編集HT)

 「人民網日本語版」2010年12月2日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古