2011年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:11 Mar 31 2011

中国社会、主流の価値観はまだ揺るがず

 「人民日報海外版」はこのほど、中国伝媒大学世論研究所副所長の論評を掲載し、「中国社会は礼が崩れ快楽に溺れており、ひいては主流な価値観が崩壊してしまっている」とする批判について、「実際には全く相反している」と反論した。以下は論評の摘要。

 消費層の断片化および価値観の多元化が中国社会に現れているのは紛れもない事実だ。ネット社会の中で、中国人の価値観はさらに乱雑になっている。しかし中国の伝統的な主流価値は依然として安定している。例えば「自転車に乗ってニコニコするぐらいなら、BMWの中で泣く方がまっし」とあるテレビ番組で若い女性が放った一言に激しい論争が起こり、非難の嵐となった。ここから、物質的豊かさの追求が中国人の伝統的な生活様式に衝撃を与えてはいるものの、だからといって中国社会が拝金主義に完全に乗っ取られてしまったわけではないことが分かる。中国人にはこのような自信が必要である。

 ネット文化の勃興は、価値観の多元化を明らかに助長している。ネット環境の下、不満やうさ晴らし、悪意ある書き込み、低俗的な行為が中国人の価値観にすでに巨大な衝撃を与えていることは疑いない。しかし長い歴史の中で、人々は生活や協力、移動、摩擦、融合など、民族深化のさまざまな過程を通じ、固有の価値観慣性をすでに形成している。

 こうした価値観の慣性のうち、基礎となるのが儒家文化の「仁」「義」「礼」「智」「信」だ。3千年以上にわたる歴史的変化の過程を振り返れば、各時代における重大な変遷が引き起こした価値観の共感がいずれもこうした主流の基礎を打ち固めてきたことが見て取れる。

 この見地から、現代中国人の主流な価値観とは何かを考えるとき、日常的現象だけで判断するのではなく、無数の中国人の心の奥深くに根付いた理念とは何かに目を向ける必要がある。五輪聖火リレーの際に激しく沸き起こった愛国心や、大地震に見舞われた四川省や西蔵(チベット)青海省の救援に向け一つとなった民族感情は、心の内の根本的理念に触れた後に本能的に現れたもので、これこそが真の主流価値だ。こうした主流な価値観の本能的な反応は、最もありのままで、偽りのないものだ。(編集HT)

 「人民網日本語版」2011年1月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古