2011年1月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:16 Jan 04 2011

収入分配の改革が飛躍的な進展の可能性

 不合理な収入の分配、貧富の差が徐々に拡大していることが「第12次五カ年規画」期間に中国が避けて通れない重要な問題になっている。2011年は収入分配の改革が飛躍的な進展を見せる年となる可能性がある。「中国経済週刊」が伝えた。

 「収入の分配の問題は浅いレベルで見れば経済問題だが、深いレベルで見れば経済・社会体制の問題と経済の発展方法、経済構造の問題だ。現在の収入分配分野に存在する主な問題の解決には、収入分配制度を改革しなければならないと同時に、経済・社会体制の改革を深め、経済発展方式の転換を加速し、経済構造を調整しなければならない、このレベルと角度から研究、解決して初めて成果があがる。現在、収入分配の改革は最高の司令となっており、2011年の『第12次五カ年』規画の発表は国家の意志となっている。」中国労働学会副会長、報酬専門委員会会長の蘇海南氏はこう語っている。

 蘇海南氏によると、「第12次五カ年」規画では建設を基盤とした上で収入分配の改革の問題をさらに明確にし、特にいくつかの指標を取り入れるという。

 長年にわたる収入分配改革方案の制定がいつ発表されるか、民衆は待ち望んでいる。業界関係者によると、収入分配の改革方案は2011年に発表される可能性があり、中・低収入者の賃金水準の引き上げや独占業界の賃金総額や賃金水準の改善という二重の調整政策や、収入分配に対する税収の調節力の強化などが含まれる。

 蘇氏は「収入分配の改革方案はきっと発表される。中央経済業務会議が明確な要求を出しているためだ。中央経済業務会議と『第12次五カ年』規画が確定する関連方針、今後発表される収入分配改革方案の指導の下で、2011年の収入分配改革の各方面の業務はいずれも現有の業務を基盤とした上に積極的、安定的に前進するだろう」と語っている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年1月4日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古