2011年1月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:04 Jan 27 2011

万博ネット普及総括表彰会が開催、人民網が最優秀普及大賞に

 上海万博インターネット普及総括表彰会が25日、国家新聞弁公室で開催され、人民網、新華網、中国ネットワークテレビ(CNTV)、中国網、国際在線(CRI Online)、千龍網、東方網、新民網、世博網、中国移動(チャイナ・モバイル)上海公司、新浪網、騰訊網のネット文化単位12社が「最優秀普及大賞」に選ばれた。また上海市網絡(ネット)宣伝弁公室、北京市網絡管理弁公室が「最優秀組織賞」に選出された。会議ではさらに、「最優秀専門テーマ賞」、「最優秀報道賞」、「最優秀文化活動賞」、「最優秀情報サービス賞」、「最優秀編集賞」、「最優秀キャスター賞」などの各賞が授与された。中共中央対外宣伝弁公室の銭小セン・副主任が出席し講話した。

 会議はインターネット文化単位が万博ネット普及に積極的な貢献を果たしたと存分に認めた。全国のサイトおよびネット宣伝部門は胡錦濤・総書記の「万博宣伝に声を、彩りを」の総体要求を真摯に貫徹、「成功・精彩・忘れがたい」という万博の総体目標に一丸となって取り組み、万博理念を積極的に普及、盛大な万博を報道、濃厚な雰囲気を醸しだし、万博の影響を広めたと会議は指摘、国内各界民衆の万博に対する関心・支持・参与を積極的に促し、中国の発展・進歩・文明の良好な国際的イメージを存分にアピール、上海万博の成功裏の開催に良好なメディア情報サービスとネット上のイメージを提供し、万博の「成功・精彩・忘れがたい」実現に大切な役割を発揮したとした。

 会議はさらに、各インターネット文化単位は万博ネット普及で得たノウハウを真摯に総括すること、インターネットニュース宣伝業務をさらに推進することを求めた。総括されたノウハウを重視し、万博宣伝において効果的だった手法とメカニズムを今後の重大イベント、日常のネット上での宣伝業務に応用、サービス意識を高め、インターネットのアドバンテージを存分に発揮し、世論を正確に導くよう堅持、国民により多く、より良い、より良質なネット文化製品を提供し、インターネット新技術を社会主義先進文化の普及に用い、社会主義の核心価値観を昂揚させ、社会調和サービスを促すよう強調した。(編集HT)

 *セン:「くさかんむり」に「千」

 「人民網日本語版」2011年1月26日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古