2011年2月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:22 Feb 25 2011

NY大地震:中国政府、救援隊を現地に派遣

 中国赤十字会総会は24日、ニュージーランド地震被災地に人道的援助5万ドルの提供を決定した。この支援金は、駐ニュージーランド大使館を通してニュージーランド赤十字会に渡され、地震被災地救援作業に用いられる。

 中国国家外交部の馬朝旭報道官は、24日の定例記者会見で、ニュージーランドのクライストチャーチで発生した大地震について、「中国政府は、震災に心から同情している。ニュージーランド政府から求められれば、可能な限りの援助を行いたい」と話した。
 
 馬報道官によると、中国赤十字会がニュージーランド赤十字会に5万ドル、中国人民対外友好協会がニュージーランド?中国友好協会に10万元、それぞれ寄付したという。中国政府は、ニュージーランド政府からの要請に応じ、現地で救援作業を行う救援隊を現地に派遣した。

 駐ニュージーランド中国大使館は、地震発生後直ちに緊急対策体制をスタートさせ、被災地の中国人への援助とサービスを目的とした24時間対応緊急援助ホットライン3本を開設した。徐建国大使は、対策チームを率いて現場に赴き、ニュージーランド側と協力し、被災した中国人の救援活動を全力で展開した。

 馬報道官は、「困難な状況に陥っている被災地の中国人留学生に対し、中国政府は大変心配している。現地の中国大使館に情報の虚偽について確認し、彼らの救出活動に全力であたるよう、ニュージーランド側に求めた。外交部は、新たな関連情報が入れば、すぐに発表する」と述べた。

 馬報道官は続けて、「地震災害の現状をかんがみて、外交部領事司と駐ニュージーランド中国大使館は、当面は被災地への渡航を見合わせるよう国内中国人に呼びかけた。また、現地にいる中国人に対しては、安全防犯に更に気を配り、生命・財産の安全を確保するよう注意を促した」と語った。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年2月25日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古