2011年2月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:08 Feb 28 2011

中国 未成年者の過度なネットゲームを制限へ

 未成年者によるオンラインゲームへののめり込みに対する保護者の監督管理を強め、未成年者のインターネット利用の健全化を促すべく、文化部、中央文明弁公室、教育部、工業・情報化部、公安部、衛生部、中国共産主義青年団(共青団)中央、中華全国婦女連合会(全国婦連)は、3月1日から「オンラインゲーム未成年者保護者監督保護プロジェクト」を全面的に実施することを決定した。同政策の施行により、オンラインゲーム企業と保護者の連携が強化され、未成年者のオンラインゲーム中毒の防止につながることが期待されている。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 「『オンラインゲーム未成年者保護者監督保護プロジェクト』実施方案」によると、オンラインゲーム企業は専門のサービスページの開設、専用問い合わせ電話番号の公表、専用受付ルートの開設、受付方法の紹介が義務付けられる。また子どものゲーム利用を把握、指導、制限を求める場合は、保護者が合法的監督保護者証明書、ゲーム名称・アカウント番号、および制限措置などの情報をオンラインゲーム企業に提供する必要がある。制限措置には毎日もしくは毎週の制限時間または時間帯の制限、完全禁止などが含まれる。オンラインゲーム企業は保護者の要求に基づき、未成年者のアカウント番号に対して制限措置を取るとともに、継続観察を行い、その動向を逐次フィードバックすることで、保護者を支援し、未成年者の不当なゲーム行為を制止または制限しなければならない。

 中国のオンラインゲーム業界は近年急速に拡大している。ネットコンサルティング大手・艾瑞諮詢(iResearch)の統計では、昨年の国内オンラインゲーム市場規模は327億4千万元。18歳以下の青少年が現在の最多年齢層であり、一部の未成年者がオンラインゲームにのめり込む傾向があり、業界の健全な発展を阻む難題となっている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2008年2月28日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古